活動あれこれ   〜あふれる愛 みなぎる力 つよまる絆〜

円山小の特色ある教育活動をご紹介します。

地域の環境を生かして
 円山公園、円山動物園、円山・・・恵まれた環境を教育活動に生かしています。
7月に行われた『ななかまど遠足』。円山公園と円山動物園の2箇所を訪れ、縦割りのグループで見学したり遊んだりしました。  
『総合的な学習の時間』では、地域を素材とした学習を行っています。写真は3年生の『まち探検』の学習風景。円山のお店を回り、お店の方と交流しながら、円山のよさを探っていきます。
生活の学習で円山公園を利用することもあります。遊びの内容やルールをグループで相談して遊んだり、どんぐりや木の葉などで自然のおもしろさを感じたり・・・。写真は2年生の生活科の様子です。
異学年交流〜ななかまど活動
『つながりを生む子』を育てるため、異学年交流を通し、協力する心やリーダーとして集団をまとめる力を育んでいます。最初は5,6年生が主体となって活動を進めますが、2学期に入ると、1,2年生、3年生、4年生も遊びの企画を考え、進行することになります。
『ななかまど似顔絵の会』では一年間リーダーとして活躍してくれた6年生に感謝しながら似顔絵を描きます。卒業式前には校内が子どもたちの描いた似顔絵でいっぱいになります。
『ななかまど仲良し集会』では、各グループがゲームやクイズのコーナーをつくり、互いに楽しむという活動をしています。当日は1、2年生にも役割があり、グループの仲間が協力して出し物を行う姿が見られます。

朝の活動

朝読書には全校一斉に取り組みます。しっとりとした雰囲気の中、思い思いの本を読む子どもたち。ときには、先生や保護者が読み聞かせを行うことも。また、週のうち、2回は朝の20分間を学年タイムとし、合唱やなわとびの練習、児童が進める音楽会などを行っています。

外国語活動〜すべての学年で

5,6年生では,外国語に慣れ親しむゲームを行ったり,異文化理解を深めるためにゲストティーチャーを招いたりして、外国語活動の充実を図っています。「読むこと」や「書くこと」を加えた取組も少しずつ始めているところです。平成29年12月8日(金)に行われる「全国小学校英語活動実践研究大会札幌大会」では,本校が授業校の一つとして授業公開することになっています。
 

体力向上に向けて

体力向上を目指して、今年度から新たに、『まるちゃれタイム』を設けています。月1〜2回、中休みにグラウンドと体育館に分かれて、グラウンドではマラソン、体育館ではなわとびに取り組みます。『チャレンジカード』も活用しながら、運動に親しもうとする心を育てています。