【校歌】   作詞:相沢 富士子   作曲:渡辺 日出雄

 
1 さくら花さき   風におう
  名も円山の   学びやに
  明るき空を   あおぎつつ
  肩くみかわす  うれしさよ

←オルゴール校歌
  2 みどりしたたる 夏のその
  もみじにはゆる グランドに
  学びきたえて  育ちゆく
  希望あふるる  わがちから


 
 
3 銀れい高き    朝のまど
  日ごとの教え   胸ふかく
  ふぶきにまけぬ 心もて
  正しき道を    いざともに

 
 
  【校章】    

 

 円山の字形をつつむ桜,そのまわりを鳳凰が翼を広げて未来に向かってはばたく姿,それは円山小学校の限りない発展を表現するものである。
 その昔,アイヌの人々が北海道の地を「ポロ・モシリャ〜大いなる国」と呼んだように,わが円山の大地に新しく生きていく子どもたちの姿を「五色の羽を持ち,飛べば群鳥が従う」とされる鳳凰によって象徴したのである。

       
 
  【校木】
   
この樹名は「七竈」と書き七つのカマドに入れても燃えない。
また,七度家系が移り変わってもその子孫は繁栄するにあやかり選定した。